select_arrow
and
101
1
0

各役職のできること・できないことまとめ

Published at March 27, 2018 8:54 a.m.
Edited at April 1, 2018 7:24 p.m.

佐々木さんが書いた規約に書かれている役職の部分を抜粋

共通事項として

  • 役職者は与えられた権限を自由に行使することができます(濫用はやめてね!)。
  • 疑問点や問題点が発生した場合は、役職者の話し合いで解決します。

Sub Moderator

  • ピン留め
    • 勉強会の時に残しておくべきメモなどを積極的にピン留めして残してください!
  • 発言の削除
    • 不適切な表現等があまりにも激しい場合などに用います。
  • 音声通話に入っているユーザーのチャンネル移動
    • 誰かの音があまりにもうるさい+注意してもミュートされない等の場合に警告をした上でAFK部屋に移動させることができます。
    • それでも戻ってくるなどの悪質なパターンの場合には、Moderatorに声をかけてサーバーミュートにしてもらうことが必要かもしれません。

Moderator

Sub Moderatorが実行できること全てに加え、以下のことができます。

  • 参加者のKICK
    • 悪質な行為をする参加者について、サーバーから強制退室させることができます。
    • できるだけ独断では行なわず、周りの管理者と相談してから行使しましょう。
  • チャンネルの作成
    • 音声・チャット共に必要なチャンネルがあれば追加することができます。
    • 勉強会主催用チャンネルの作成もこれでやっています。
  • リージョンの変更
    • 音声通話が全体的に不安定な場合、サーバーの設定からリージョンを変更する場合があります。
    • 基本はUS Westが安定なので、US Westで問題がある場合はシンガポール、東京などに変更すると良いと思います。

Admin

Moderatorが実行できること全てに加え、以下のことができます。

  • アカウントBAN
    • 上記のキックはただ追い出すだけなので、ユーザーを二度と入れないようにするにはBANの権限が必要となります。

  • 役職者のみが閲覧可能なDiscordチャンネルがあります。こちらでは、コミュニティ運営に関する構想段階の話や問題提起、提案などが行われます。
  • 役職者にはイベント共有ポータル(WordPress)の管理者権限を付与します。
    • #studylist チャンネルに登壇予定のコメントがありましたら、WordPressアカウントの発行などご案内をお願いします。

さいごに

権利には必ず責任が伴います。節度を守って、良いインフラ勉強会ライフを!